まなちゃんとシュシュ

脊髄性筋萎縮性1型という難病で呼吸器をつけて生活してる、我が家の娘さん、まなの生活です☆たまに、まなも書き込みます♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日曜日にいつも通りイオンにお買い物に行こうとしていました。

バギーを車に乗せて、ママがマナの隣の席に座り、パパが運転席に座って、車が動き出すと、マナのバギーが20cmほどバックしました。
バギーのストッパーを止めていない状態で発車してしまいました。

急いでバギーを抑えて車を停めてもらったのですが、車が停まった時にその反動で、今度はバギーが前進して運転席にぶつかってしまいました。
バギーの胸の固定ベルトはしていたので、落下するなどはなかったのですが、マナの首から上が浮いて、マクラに落ちました。
まだ自宅付近だったので、すぐに帰宅しました。事後はしゃべっていたマナがだんだんしゃべらなくなってきて、アイコンタクトでの意思疎通はできるのですが、発語がなくなったので、すぐにかかりつけの病院に電話しました。
幸いにもマナの担当の先生が当直だったので、すぐに状況を説明し、吐いたりしていなければ大丈夫だけど、レントゲンは撮った方がいいという事になり、救急車でかかりつけの病院へ行きました。

救急車の中で血圧を定期的に測っていると、普段、上は100前後なのですが、70〜80。足も白くなっていました。

病院に着いて、すぐに首と、脱臼がある股関節のレントゲンを撮ってもらいました。
結果はどちらも異常なし。脱臼の部分も、バギーがぶつかった衝撃でお尻にも負荷がかかっていたので心配でしたが、大丈夫でした。

レントゲンが終わってからは、マナもしゃべるようになってきて、一安心です。

私達が「大丈夫⁈」と不安そうな顔をして聞いていたので、マナにもその不安がうつってしまったのかな、と思います。

自宅に戻り、カフアシストをする時に真正面を向かせた際に、首が痛くないか確認したら、いつもと一緒とのことで、さらに安心しました。

パパ、ママの不注意で、マナに怖い思いをさせてしまいました。
マナ、ごめんね。

スポンサーサイト
コメント
私も何度か・・・
私もやっちゃったことがあります・・・それも3回くらい(汗)
発進してバギーが後退したとたん,「しまった!!」って思うんですよね・・・。そして,あわててブレーキをかけてしまい大惨事に(涙)そういう時はブレーキをかけてはいけない,ということは学習しました・・・。

でも,何事もなくてよかったですね~・・・。うちははねて体半分ストレッチャーから落ちた状態になったこともありますが,一応大丈夫でした・・・・。おそろしや~・・・。
2013/07/13(土) 06:41:25 | URL | あんず #- [ 編集 ]
あんずさん
ほんとに怖かったです。テレビで見た事のある、車の衝突実験のような状態で…
焦ってしまって、停めて!しか言葉が出なくて…
確かにブレーキはダメですね。今回で学びました。
てゆうか、しっかり固定してあるのを確認しなければ、と再確認しました。
COTOちゃんも大丈夫で良かったです。体半分は、怖いですね…
気をつけないと(`_´)ゞ
2013/07/14(日) 13:42:19 | URL | まなママ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://fairyland0908.blog.fc2.com/tb.php/78-2a42c7bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。